慣熟走行(日曜日)

 日曜日は走りに行っても良いという家族の承認を得て、いそいそと準備をした土曜日。
 天気予報どおり雨は上がったものの、六甲山が黄色くかすむ程の黄砂(泣)。
 鼻炎が気になってぐずぐずしていたけども、何なればUターンして帰ってくればいいかと出発@8:30。

 2号線をとりあえず西に向かい、自転車の操作やブレーキの加減、ハンドリングなどに意識を向ける。
 ローラー上ではイマイチな感じだったシフトも快調で、スパスパ決まるのは気持ちいい。レバーの感触も剛性感があり、シフトケーブルが隠れているのは不要なストレスが無くてよい。
 ブレーキはよく効くし、タイヤのグリップもすごい。ブラケットに手を乗せた状態で不用意にブレーキを握ると、手がすり落ちるほどの減速Gを感じる。以前はこんなストッピングパワーを感じる前にタイヤがロックして滑っていたような記憶があるのに…技術の進歩はすごい。

 ハンドリングと言ってもほぼ平坦の直線なのだが、やはりMTBとは全く違う。車重が軽いので体の動きにきちんと反応する感じ。腰で乗る乗り物なのかな?と感じた。不用意に前加重になった状態でバランスが崩れると、そのまま落車!?という状態に。片手でハンドサインを出したり、ボトルを取ったりする時にハンドルを押してバランスを崩しやすそうなので、しばらくは要注意。

 2号線は信号が多く、車の流れも複雑な場面が多いので気を遣う。とはいっても風が強いために43号線で風にあおられるのも怖いのでそのまま進行。

 現在のEdge500の設定では、5km毎にラップを取るらしい。表示項目も含めて再設定しよう。走行を始めて、ケイデンスを拾っていなかったけれどもセンサーの角度を触ると拾い始めた。しかしシューズがひっかかったりするとまた拾わないようになるかも知れないので、マグネットにゲタを履かせてクリアランスを詰める必要あり。

 そんなこんなで走っていると、家内から帰還要請の電話あり。本日の走行24.8km也…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック